3月13日から3月議会が始まった。

13日から3月議会が始まった。

私は、議案中、第1号一般予算書、第19号墓地条例について以下のとおり質問した。

 

議案第1号 朝霞市一般会計予算及び予算説明書

1 昨年来に始まった100年に一度といわれる経済不況について、新年度は

 具体的にいかなる対策をとられ、どの程度予算計上しているのか。

 

2 お年寄り・障害者にやさしいまちづくりの政策として、独居高齢者、孤独

 死対策は検討されているか。

 

3 議会費として、議会は条例を制定したりする機関であり、車の両輪のひとつ

  とされているが、予算計上の際にその点を考慮されたか。

 

4 人事管理費について、民間企業への派遣を実施するとのことであるが、

 どのような形で予算計上されるのか。

 

5 高齢者福祉費で、高齢者交流室を設置するとのことであるが、今後このよう

 な高齢者交流室を他の場所にも設置する方針か。

 

6 児童福祉総務費で、次世代育成支援行動計画を策定するとのことであるが、

 その策定の過程において、小学生、中学生を参加を検討していないか。

 

7 労働費で、今年度も削減になっているが、昨年末の急激な経済不況

 を考慮すると、労働者の経済不況対策費を積極的に計上すべきではないか。

 

8 都市計画総務費で、市営住宅を借上げているが、前述した経済不況がさらに

 深刻になり、住宅に困窮するものが増加すると予想される。借上げ戸数をさらに

増やすことはできないか。

 

9 教育費関係について、昨年マスコミが朝霞市の小学校の教員一人当たりの

児童数について首都圏ワーストワンと報道されたが、これを改善するためにどの

政策を実行されるのか。

 

0 教育管理費で、入学準備金、奨学金貸付事業を実施されるが、前述した

経済不況を考慮し、雇用保険等による職業訓練を受けられないものに対する

教育の機会均等のために対象者の引上げ、対象教育機関の拡大及び額の増大等を

検討されたか。

 

11 図書館費で前述した経済不況を考慮し資料の整備、充実を検討されたか。

 

12 平成21年度、行政委員の中には、報酬及び費用弁償を予算計上されて

 いないようであるが、、どのような理由で計上しないのか。

 

13 特別職の職員で非常勤のものの報酬について、条例に報酬額の記載がなく

 予算の範囲内で定める額とされているものについて、平成21年度の報酬額

 を教えて下さい。

 

14 予算計上の名称として、ボランティア相談員謝金、学生ボランティア

 謝金、朗読ボランティア謝金など、ボランティアの用語は通常無償労働と

 いう意味で使用されているので、謝金を支払う名称としての妥当性について

 検討されたか。

 

議案第19号 朝霞市墓地等の経営の許可等に関する条例

3条、11条及び12条の各但書には市長に対し大きな裁量権を与えている。

問題はないか。

各但書から「市長が認める」を削除して、客観的な条項にすべきではないか。

 

朝9時に始まり、夜9時半ころ終わった。