ある視覚障害者の主張(スクランブルに点字ブロックを)

6月27日の

視覚障害者の請願ー点字ブロック・・の件

Posted on 2009年 6月 27日
 
について、ある視覚障害者はつぎのようにいっている。
 
                記 

健常者のひとは、次のとおりいうかも知れない。

    障害者の方はできるだけ短い距離で

    横断歩道を渡っていただいたほうが

    身体の安全に好ましいものである。

しかしながら、スクランブル交差点は、斜め横断が

便利だから作られたのもであって、

スクランブル交差点は健常者の

若い人たちのだけのものでしょうか。

 

私たちは、杖の補助はあることを

除けば、健常者と同じように歩行している。

 

スクランブル交差点には健常者のためには

信号がある。

 

私たち、視覚障害者にはその信号が見えない。

信号が見えないことが、障害(バリア)になっているのです。

この障害(バリア)をフリーにして頂きたいのです。

 

また、健常者は次のように言うかも知れない。

    スクランブル交差点では中央部分で

    視覚障害者同士がぶつかる。

しかしながら、それは健常者においても同じことであり、

横断する者同士で衝突を回避している。

私たちも杖を使って、当然、衝突を回避しながら歩いている。

 

現実には朝霞駅南口のスクランブル交差点、タバコ屋から

バス停の方向の利用者はいないそうです。

したがて、健常者も視覚障害者もぶつかることはありません。

 

利用者はいない方向のスクランブル交差点は、

設ける必要がないと思います。

 

ところで視覚障害者はスクランブル交差点の横断が

禁止されているのでしょうか。

禁止されていません。

 

そうだとしたら、私たちも健常者を同じように 

安全に渡らして下さい。