負の遺産ー悲しみの分かち合い、悲しみの追体験

下記請願の紹介議員になった。

             記

件名

基地跡地の歴史的遺産調査の件

理由

基地跡地には、歴史的遺産(太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争)があります。

これは、現在及び後世に伝えて行うべき貴重な遺産です。

何らかの開発が行われる前に関係者に調査を求めて下さい。

・・・・・

9月8日建設常任委員会に請願の参考人として呼ばれた。

つぎのような発言した。

                                          記

1  基地跡地にある遺産は、負の遺産なのです。この負の遺産の悲しみを

  分かち合い、悲しみの追体験をして、

  人間の生命の尊さを現在及び後世の人たちに

  伝える義務があると思うのです。

2   基地跡地に、どんな遺跡があるかは、中に、入ることができないので、

   詳細はわかりません。だからこそ、請願がいうように調査する

   必要性があると思います。

3  郷土史の本とか、私が5月13日に現地に立ち入りを許された際、

  現認したものでは、「かまぼこ宿舎」「病棟」「変電あと」「看板」「道路」等

  があります。

4 遺産としては、負の遺産であります。悲しい人間の歴史的遺産です。

 負の遺産として

   原爆ドーム

  ナチスの強制収容所のアウスシュビッツ

  は世界遺産になっております。

  さらに

   大砲台

   兵器工場

    防空壕

    塹壕(ざんごう)

     などは負の遺産の例です。

   基地跡地は軍事関係の遺産があることは、みなが認めることでしょう。

     戦前は、陸軍、戦後は米軍進駐基地として歴史を刻んできた。

5 戦争遺産について、

   ある人が痕跡は残したくないという人もいる。

  しかし、負の遺産として歴史の痕跡を後世の人に対する残す義務かある

 のではないだろうか。。

   戦争遺跡が注目されてきたのは、ここ20年くらいであります。

  戦争の体験を後世に残す。遺跡を残す。

      悲しい日本の歴史

      悲しい朝霞の歴史

     悲しいアジアの歴史

その上に、現在の朝霞の暮らしがある。

戦争を通じて現在と将来の市民に

人間の生命を大切さを伝える義務がある。

そのためには痕跡を残すべきではないか。

6   この痕跡を残すべき価値がないという評価は、悲しい。

    身近な朝霞市にも戦争があり、 

    朝鮮戦争で

    ベトナム戦争で

    日本人ではないとしても

   傷ついた兵士を朝霞市民は現認してきた。

   軽々しく価値がないということは、死んでいった人たちには、

あまりにも生命の重さが軽すぎる気がします。

 死んでいった人たちには痕跡は、墓標であり、

平和の尊さを多くの遺跡は言っているのではないでしょうか。

 7    戦争遺産が負の遺産として価値を見いだすならば

   土地の所有者は、文化財保護法等は、残して公開する義務があります。

    仮に諸般の事情により、現地での保存ができいない場合は、

やむを得ないことがありますが、詳細に調査を行って、

 記録の保存をおこなうべきものであります。

8 この遺跡が今後どのよう扱われるにせよ、解体除去以後は、いか

なる調査も不可能となります。

 いずれにしても調査することについて、特段土地所有者及び開発業者等

  の権利を侵害するものではありません。

  少なくとも、工事等で痕跡がなくなる前に、調査することは、

   意味があると思います。

  この請願は、遺跡を残せとはいっていません。

  何らかの開発が行われる前に関係者に調査を求めて下さい。

 というものです。

 本来、教育委員会が調査すべきですが、

  開発業者も、国、県、教育委員会も調査はしたくないというならば、

  市民に調査をさせて下さい。

  このような請願です。採択してください。