命のハードルー生活保護申請の水際作戦?阻止

先日、ある市の福祉事務所の生活保護申請に同行した。

同行しなければ、すでに一度福祉事務所に訪れ、職員のこれでの態様から、

生活保護の申請をさせないと思ったからである。

ある役所

文書を作成、有無をいわせず、

申請した。受理された。

しかし、おそらく、

今度も申請者一人で行ったら、

当局のいう「相談」でおしまいにされたろう。

母子家庭で、高校生以下の子4人がいる。

収入はパート収入だけである。

以前正社員時代にマンションを購入し、ローンを抱えている。

子どもの養育の関係で、正社員を断念せざるを得なかった。

ローン、サラ金の借金がある。

しかし、生活困窮者であることは明らかであった。

しかしながら、生活保護の途は遠かった。

申請者は、私の前に法テラスに相談に行った。

相談した弁護士から具体的な解決策の提案は

なかったようだ。

私も、最近までは、生活保護の知識はなく、

行政の言うままだった。

例えば

住民票がない。

親兄弟にまず頼みなさい。

自動車を処分しなさい。

サラ金の借金があるとだめです。

住宅ローンがあるとだめです。

私は、サラ金と住宅ローンで申請を体よく

拒否されると思った。

しかしながら生活が困窮しており、放置ができない。

緊急性があり、平日休んで私の所に相談に

来ると、パートの収入が減るので

休日に来てもらい、

私も直ちに生活保護申請の同行をすることにした。 

大きな論点は2と他に1つある。

1 マンションに住み、ローンを抱えている。

2 サラ金かの借金がある。

3 高校1年生の子がいる。

上記1について、

競売でマンションは処分される。

上記2について

私が整理する。

上記3について

生業資金として

アルバイトを強要せず保護してもらいたい。

担当者は納得した様だ。

いつも感じる。

このような場合

弁護士とか

市議会議員が同行すると

生活保護は動く。

そんな人に出会わなかった

場合、どんなことになるのだろうか。

話は飛躍するが

あの連続殺人永山則夫に

生活保護の手が差しのべられて

いたらと思うことがある。

どんな状況でも、生存を守るのが

憲法25条であり、生活保護法だ。