平成21年12月議会の一般質問通告書

12月議会の一般質問の下記の通告書を提出した。

                           記

1 基地跡地関係について

 
 ⑴ 基地跡地の利用計画について

  ① 国の事業仕分けの結果によって、国家公務員宿舎建設が中止された場合、

   具体的にどのような形で基地跡地利用計画等に影響が生じるか。また都市計

   画の地区計画等の一部の変更の必要性は生じないか。
   

  ② 付帯的施設として診療所と保育園及び児童館が同居するという計画は公衆

   衛生上、危惧することは全くないか。

⑵ 負の遺産―悲しみの追体験

   ① 基地跡地の戦争遺産を少なくとも何らかの形で現在及び後世に残すべきと考

   えるが、いかがであるか。

 ② 基地跡地の関係者の歴史的証言等を記録に残すべきと考えるか、いかがで

  あるか。

2 母子家庭の不公平について

  住民税の算出の際、母子家庭において、結婚歴の有無によって、差異があるか。

  また、この結果、保育園の保育料、国民健康保険料の算定基準に影響するか。

  影響がある場合、不公平ではないか。

3 消費者庁の創設に関して

 ⑴ 消費者庁の創設に伴って、朝霞市の消費者行政に特筆すべきことはあるか。

 ⑵ 同様に課題はあるか。

 ⑶ 最近の消費者相談の傾向について教えて頂きたい。

4 公教育に関することについて

⑴ 日韓の中学生の相互交流について

 ① 中学生の海外派遣の派遣先を隣国,韓国にすることは、検討できないか。

 ② 韓国の中学生を朝霞市に招くなどの相互に交流することは、検討できないか。

⑵ 法教育について

 ① 公教育の特別活動は、共に生きる知恵を育むものでもあり、ひとつの法教育で

  あ ると考えるが、いかがであるか。
  

 ② 子ども議会において、子どもの提言は、市政に反映されているか。

⑶ 合唱について

  NHKの合唱コンクールに参加する方策を検討する意義はないか。

⑷ 入学式及び卒業式について

  入学式及び卒業式の市長の祝辞の代読は、学校側ではなく、市の執行部側が行う

  べきではないか。

⑸ スプリンクラーの設置について
  

 学校の校庭にスプリンクラーの設置が進んでいるが、設置するか、どうかを学校の選択

 に任せ、設置しない学校には、同額を託し、学校が望む有益な事業に支出するような

 手法はいかがであるか。
5 行政救済について

 ⑴ 市民が市役所の対応(行政処分等)について、不服を申し立てることができる旨の告

  知はどのように行っているか。

 ⑵ 行政相談窓口において、不服審査法の手続の方法を考慮に入れた相談業務を行って

  いるか。