取らねタヌキ額面「2億6000万円」で地方自治の理念の放棄した利用計画の末路?

朝霞米軍跡地 公務員宿舎「凍結」

市、利用計画への影響懸念ー朝日新聞ー

・・・

上記新聞の記事を要約すると

結局、富岡市政は、国家公務員住宅850戸のマンションの

住民税2億6000万円と引換に、基地跡地の自然の力で

自生した緑の森を破壊することにしたいうことだろうか。

しかしながら、

朝霞が僻地で税収が貧しいのなら、住民税誘致の手法は

あり得るかもしれない。

しかし朝霞市は地方交付税の不交付自治体であり

毎日の様に新築マンションのチラシが

入っている。

好むと好まないに関わらず、

新規 マンションの戸数の合計は上記の850戸を越す。

人が増えれば行政の義務も生じる。

保育園、学校、その他住民サービスなどえを

(なお、朝霞市は学校の教員ひとりあたりの

教育環境首都圏ワーストワンである。)

差引いくら残るだろう。

計算したことがあるのだろうか。

・・・・・

いずれにしても

基地跡地利用計画は

議会に諮りたくなく市長と

市長の意?を受けて諮るなと

議決した議会との

共謀共同正犯の

未認知のままの

作文になってしまったのである。

・・・・

利用計画は議会にかけていない以上

朝霞市も議会も凍結の結論を

黙って受け入れる以外ないだろう。

 

下記日記参照していただければ幸いです。

議会に「諮りたくない」市長!市長に「諮るな」という議会!

投稿日: 2009年 4月 5日 |