父子手当支給開始(12月11日)される。

今日弁護士会で会議があった。

貧困と人権の委員会の会議である。

その際、父子手当の話題になった。

朝霞市が父子手当てを制定して、

新座市でも父子手当てを支給されることになり

関係者は、喜んでいるとのことである。

新座市の父子手当ては

朝霞市で父子手当ての請願の採択の記事を

ご覧になった新座市ひとり親会の人が

市長に直訴して実現した。 

しかし、まだ、父子手当ての無い自治体があり

父子の家庭で、給料が100万円台で

手当てがあったら、楽になるという人がいるそうだ。

・・・・・・

平成20年3月の初めての予算審議で児童扶養手当法の手当ては

には母子家庭だけで、父子家庭には無いことを再確認した。

以前、ある父子家庭の父親が何故、一人親家庭で父子には

手当てがないか、質問されたことがあった。

それを思い出したのである。

・・・・・・・・・・

平成20年6月に父子手当て条例の請願が出され、

同月採択された。

同年9月議会で

一般質問した際

市長は父子手当て条例を作ると

約束された。

こんな経過で

この近隣では朝霞市が先人を切って

始まったのである。

(その採択で反対した

議員の各位は今どう思っているのだろうか。)

・・・・・・・・・・

朝霞市では7月1日から開始され

明日12月11日が最初の支給日だそうだ。

15世帯、合計187万2250円の給付になるそうだ。

・・・・・・・・・・

父子家庭の親子に

少しは、よい年末になったとしたら、

本当にうれしい。