国の責任で公園整備を!!9回目の質問(国家公務員宿舎建設問題)

昨日16日、一般質問をした。

9回目である。

一般質問で毎回取り上げているものがある。

国家公務員宿舎問題である。

国家公務員宿舎問題で2年前(平成19年)の夏、朝霞駅前で市民が署名

活動をしていた。

基地跡地の緑地を潰して、地上26階建てのツインタワー

反対の署名活動である。

チラシを貰った。署名もした。

自宅で、このことを話題にすると子どもたちも

それぞれ緑地を残したいので署名をしたといった。

「お父さん、みんなが反対の署名すれば、緑は残るよね。」

「そうだ。みんなが反対すれば、緑を残さなければならない筈た。」

こんなやりとりをしたことを思い出す。

(残してやれないか、なにか私にもできることがある筈だ。)

こんな経緯があり、議員になった。

議員になって、はじめて一般質問があることを知った。

議員は定例議会で、市長に対し、市政に対しどんなことでも

質問ができる。

そこで、常に質問の1番は国家公務員宿舎問題を

取り上げてきた。

国家公務員宿舎建設問題の疑義は、

市民の意見を排除し、

議会に諮らなくて、

国に利用計画が出したことだ。

議員として、

納得できないのは、議会に諮らず

朝霞100年の計が策定されたことだ。

すなわち、平成20年5月の臨時議会で

議会の大きな会派が、

市長が、紆余曲折の上、

議会に提案をしたいといったところ、

なんと「市長に対し諮るな」と議決したことである。

こんな経緯の上、いわば、未認知の計画が

昨年5月に国に出された。

国が期待する計画書を出し、事業計画が

今年スタートした。

これから本格的な建設に着工するばかりであった。

政権が交代し

今度は、国がこの計画は税金の無駄遣いといって

凍結されたのである。

これを踏まえて、昨日、市長に対し一般質問をしたのである。

新聞記者(朝日、毎日、東京、埼玉)が沢山来ていた。

国の事業仕分けで、基地跡地の国家公務員宿舎建設が凍結された。

朝霞市がどんな方針をとるのか、関心があるようだった。

下記のとおり朝日新聞の記事になった。

また、毎日新聞は下記のとおりである。

つづく

18日には下記のとおり、東京新聞も記事になった。

以上のとおり朝霞基地跡地の国家公務員宿舎建設問題は、

新たな事態に、移行した。

朝霞100年の計のまちづくり、

他人依存型のまちづくりが、凍結されたことは、妥当であった。

凍結されて、誰も抗議がないのことが、

この計画の実体を表している。

商店会の人は、850戸の公務員の人口増を期待していただろうか。

あえて問われるとというくらいではなかったろうか。

まちづくりの、商店会の主体は、商店である。

朝霞市は、これまで無秩序なまちづくりをしてきた。

いい機会だ。

持続可能な、コンパクトシテイを目指したい。