オンブズマン?(行政監査専門員)の役割

持論では、議員側に専門員がいて、

行政をチェッスする体制を整えるべとき考えている。

しかし、議員の誰も賛同しない。

下記を参考にして下さい。

賛成                   1      小山

反対・棄権      22    他の全議員

報告3ー私の少数意見(請願ー議会の活動等を支える専従の専門家の補充を求める件)

(2009年10月7日)

したがって、

当職は、一人で行政の法令違背を監査?

している。

例えば、

予算審議の際、

産業医の報酬

英語指導員の報酬

学校医の報酬

学校歯科医の報酬

いずれも、条例には予算の範囲内で定める額と

なっている。

当職はこれまで、再三

報酬を予算の範囲で執行するのは

当然であり、

問題は、条例で報酬額を定めない。

定めかなく、支出するのは、違法ではないかと主張してきた。

予算の範囲いくらでも報酬が出せることは間違いであり、

また、産業医等にとっても非常勤職員として報酬請求権の根拠を

条例に置かなければ、ならないはずだ。

これまで、文献を引用しても市の執行部からは無視され、

これまで執行部は、条例に予算の範囲内と記載しているから

問題がないと答弁を繰り返されてきた。

議会の多数は特段問題と思わないようで、

賛成多数で上記の各予算を可決続けてきた。

当職は、残る手段は、法令違反を是正する手段は住民監査請求しかないか、

と考えてきたところであった。

ところが、この3月議会において

上記の

英語指導員の報酬

学校医の報酬

学校歯科医の報酬

について、具体的に定める条例の改正案を

議案14号として提案された。

すなわち、

産業医は、月額1万3125円に

英語指導助手は、月額35万円以内に

学校医(内科医)は、

                  職員健康診断料1万6000円

                  臨時健康診断9100円

                  健康管理料24万円

学校医(眼科医等)

                    1校当たり21万1000円に

                  児童生徒1人当たり170円

学校歯科医

                      1校当たり21万1000円に

                  児童生徒1人当たり170円

手前味噌になるが、

行政監査専門員の役割?

を果たさせてもらったことになる。

議会側の多数は、これまでの条例に問題がないと思い、

議会側の少数は、問題があると指摘した。

執行部は、議会側の少数の意見を妥当なものとして

従来の条例を改正したのである。

議会側の多数は、

執行部が自分たちを飛び越えて改正案を出すことについて

どのような思いであろうか。

いずれにしても

議会の少数の意見の意味が今回理解されたと思う。

具体的に

英語補助員の報酬額

医師の報酬額

ある程度明らかになった。

したがって、

はじめて、議会において

報酬額について審議が可能となったのである。

繰り返し手前味噌であるが、

二元代表制は、市長と議会といわれている。

朝霞市では、議会というより、議会の少数

が頑張っているといっていいのではないでしょうか。