3月議会報告について

平成22年度一般会計予算については、次のとおりの意見を述べた。

特に是認すべき点

1  喫煙場所を玄関脇から銀行ATMの建物に移動することについて

   昨年の上記の喫煙場所の移動の請願については、

  賛成は、私とベテランの無所属議員の2名のみだった。

  反対は通常市長の政策について与党?もしくは与党よりといわれている

  進政会7名、明政会3名と公明党5名、無所属議員1名

  なんと、野党?よりの共産党3名も反対、

  市民ネット2名は棄権

  であった。

  財産管理課の職員が銀行がATMを撤退する意向を

 知って、上記の請願は否決されたにも変わらず、

 予算仕分けで提案し、市長も賛同したのである。

 財産管理課の職員の提案を評価したい。

 また、市長は市長の支える?会派の意向に

 反する?が予算付けを行ったことは、評価されなよい。

2 産業医、英語指導助手、学校歯科医の報酬は条例では

  予算の範囲内となっていた。

  これは、違法であり、このように繰り返し主張してきた。

  やっと、今回14議案の報酬条例の改正で上記の予算の範囲内から

  具体的な金額に修正された。

  これも担当職員の努力を評価したい。

課題

1 戦争の記憶の風化の防止等を理由とする戦没者追悼式について

  戦争の風化の防止として、戦争体験者の証言などの記録等について

  関心がない。

  朝霞市の現在は、戦争の遺産の上に、いわば平和の配当を

  享受している。戦没者の追悼式のみならず、普遍的な施策を

  すべきでばないか。

2 市たばこ税の歳入6億1900万円に対応するたばこ健康被害についての

  施策がない。

3 中学生の海外派遣について

  一部の相対的に成績のよい生徒しか行くことができない。

  これが朝霞市の公教育を担っている教育委員会の

  教育の機会均等の原則から妥当であろうか。

  是非、行き先を遠い隣人といわれている韓国に

  変えれば、同じ予算で10倍くらいの生徒を派遣できる。

  検討すべきである。

反対

都市計画審議会の代理出席について

都市計画審議会は学識経験者中、交通、

環境、農業の委員だけ代理出席を認めている。

都市計画審議会の委員は非常勤の公務員である。

任命行為を経ないでいいのだろうか。

都市計画審議会は単なる諮問の会議ではなく

都市計画の決定の議決をする

まぢづくりを左右する法的な効力が生じるものである。

よって、代理出席を少なくとも条例に規定すべきである。

この1点を理由に結局一般会計予算に反対せざるを

得なかった。