「タダより高いものはない」という 辺野古の民意?

5月13日午後4時過の沖縄県の辺野古である。

穏やかな、砂浜が続いている。

手前に基地侵入禁止の鉄条網が敷設してある。

その鉄条網に市民のビラがまいてある。

ここに下記のとおり滑走路を造るという、

これまでの現行計画に対し

政府の現在の検討案である。

朝日新聞は

基地マネー、思惑はずれ、名護、巨費投入後も

活気生まれず

題して、以下のとおりの記事を掲載した。

         記

現行計画案を1999年(平成11年)当時の市長が受け入れを表明したのを引き換えに

10年間で783億の国費が地元振興策として投入された。

すなわち、地元が1割を負担すると9割が負担してハコモノが造られてきた。

しかし、事業費4億で道の駅が3月に完成したが、シャッターがしまったまである。

市からの2000万円の助成金をあてにしていたところ、1月の市長選挙で

普天間基地反対の市長が当選した市長が採算が乏しいので、

地元が自主運営すべきといって助成をやめたのである。

また上記の振興予算を使って、オフィイスビルを建築して

テナントとして28社の企業を誘致した。

900人余りの雇用が創出したという。

しかしながら、正社員は5割であり、

その余はパートタイマーというので

月の手取りが11万程度という。

辺野古のある名護市は、約240億(当市の

年間予算に匹敵)を投下した。

中心街はシャッターどおりであり

失業率は12・5パーセントになったという。

・・・・・・・・

以上ことからいえることは、

ハコモノを地元が1割の負担で

造っても、需要がなければ、

無駄なハコモノになってしまう。

閑散として、海辺にスーバーを造っても無駄になる。

企業に税法の優遇を与えても

安易に安い労働力を非正規として

雇用するならば、労働者は元気にはならない。

・・・・・・

巨費の投入がなければ、

いわゆる限界集落になっていただろうか。

しかし、そうだとしても、自分たちの目線で

力をだして問題解決の努力をしていたろう。

巨費が投入されると、計画書だけあれば

9割を出してくれるから、努力する機会を喪失

させてしまってはいなかったろうか。

・・・・・

飛行場の建設を受け入れ、

騒音に耐えて、コンクリート代金を

出してもらっても、

身分不相応のハコモノを造っても

活力は生まれてけこないことを悟ったのではないだうか。

・・・・・

名護市は、第2の夕張にならない決心をしたのではないだうか。

「ダダより高いものはない。」