貧困と人権に関する委員会

 午後6時から埼玉弁護士会の委員会のひとつである、

貧困と人権に関する委員会が行われる。

下記の写真は、その開会前の委員会室である。

弁護士に対し、いろいろな偏見?がある。

例えば、金儲けに走っている。

金のない人に関心がない。

上記委員会は

文字通り、貧困を根絶することを目的とする委員会である。

お金にこだわらず、

お金のない人に関心をもつ委員会である。

この委員会は、最近は自殺防止にも力を入れている。

埼玉弁護士会は、全国でも貧困問題について積極的に取り組んでいる。

・・・・・・

今年度、労働問題対策委員会の委員長を退任したので、

貧困問題について、少し真剣に関わるつもりだ。

・・・・・・・

日本の貧困率は、6人に1人が貧困状態にある。

子どもの貧困率も14・2パーセントと高い。

日弁連の会長に宇都宮弁護士が就任したこともあり、

この貧困と人権に関する委員会は弁護士会の貧困問題対策本部

拡大することになった。

・・・・・・

この委員会で活動していると

社会変革の胎動を実感する。

人間の尊厳をずたずたにした派遣法の改正では

手分けして、立法活動を行った。

地元選出の

神風代議士、

山根参議院

に改正の必要性を訴えにいったこともあった。

・・・・・

これまでの貧困対策は、

法律家があまり関与していなかった。

現在、日本中で弁護士等の法律家のネット・ワークがあり

人間の生命を24時間見守っている(少なくともその体制を目指している。)。

・・・・・・

午後9時ころまで、熱い議論が続いた。

宗教の連帯のない日本

労働組合の組織率が20パーセントを割り込んだいる。

今、私たちが連帯するのは、

正義の連帯

すなわち、

人間の生命で、すなわち、憲法13条の個人の尊厳の連帯である。

全国の有志がお互いにみたこともなく、名もない市民が

つながっている。