ひ弱な地方議会?

19日の朝日新聞に話題の阿久根市長の記事があった。

上記の記事を読まれてどのような感想をもたれるでしょうか。

1 定例会の不開催の件

  地方自治法では年4回定例議会が開かれるところ6月議会は開催されないことが

 大問題である。

  ここに、議会側に法律専門家がいないのが弱点である。

  市長に招集権があるが、市長がやらない場合、法律専門家なら、

 議会を開催する手段を思いつく筈だ.

  こんなこともあるから、つぎの請願の意味があるが、

朝霞市議会は、賛成1(小山)でのみで否決された。

 報告3ー私の少数意見(請願ー議会の活動等を支える専従の専門家の補充を求める件

投稿日: 2009年 10月 7日 | 投稿

  二元代表制といいながfら、横暴な首長に対し阿久根市の議会側がこれほどまでも

 ひ弱だとは思いもよらない。

2 議員報酬日当制

  首長の職権の専決処分で行うのは、違法である。

 堂々と条例を議会に提出しなければならない。

  因みに 私は、議員報酬に日当制が将来的には妥当であると思っているが、

 前提を整備しなならない。夜間開催の通年議会を前提にすべきと考えている。

  つまり、仕事を持っている人の目線にあわせて議会を変えなければ、

 ならない。

  欧米なみに

  裁判官、学者、弁護士、会計士、会社員なんかも

  もっともっと議員になってもらいたい。

  さらに、出てほしい人を議員にするには

  比例代表制が必要である。

  比例代表で、一種の地域政党のようなものを作って、

  出したい人を議員にしたい。