法務省の管轄下での人権侵害?

この記事を読んでどのようなことを想像されるだろうか。

 特別公務員暴行陵虐罪(刑法195条)の疑いはないだろうか。

刑務所では、一切の反論は許されない。

わき見をする。

行進の際、手のあげ方が低い。

懲罰の対象になる。

自尊心をなくすことが

刑務所では必要だという。

・・・・・・・・・・・・・・

刑務官になると凶暴になりやすい言われている。

受刑者は、刑務官に対し絶対的に服従している。

スタンフォード監獄実験 (これを映画にしたものて『es [エス]』)ある。

が証明している。

・・・・・・・・・・

何らかの態度で刑務官の逆鱗にふれ

独房に入れられたろうか。

この時期にコンクリート塀の独房に入れること事態

拷問である。

人権を守るべき法務省の管轄下の刑務所で

こうした事件が度々おきる。

法務省には、人権の侵害をチェックする機関がない。

だから、弁護士会は、法務省には、懐疑的である。

上記記事を調査して貰いたい。