8月6日午後6時日本テレビ「法服の枷(かせ)」学習会 

先日、埼玉弁護士会でも会内で日本テレビ「法服の枷(かせ)」学習会を行った。

ごく普通の裁判官で終える予定の福島元判事が、事件番号どおりの配転で

憲法訴訟の裁判長になった。

当時の学説、通説にしたがって、

訴訟指揮を行った結論である。

極普通の裁判を維持しようとするところ

裁判所の所長から、実質訴訟を回避することを求められた。

平賀書簡問題である。

裁判官の独立の侵害である。

通常、裁判官の独立の侵害は外部から行われるところ、

内部の所長からなされたことにおおきな問題があったのである。

相当な圧力があったと思われる。

しかしながら、最後は良心にしたがって、

審理を継続した。

この番組は、

現在及び後世に伝えるべき「人間の良心」の「証(あかし)」である。

・・・・・・・・・・・・・・

黒沢明の映画で「生きる」という名画がある。

行政マンの「良心」の話である。

この映画は、人々に「生きる」ということをしばし考えさせたろう。

「法服の枷(かせ)」も、同じく「生きる」ということを考えさせる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本テレビ「法服の枷(かせ)」学習会

8月6日 午後6時~

朝霞市コミニュティセンター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・