NHKテレビ「15歳の志願兵」

 昨晩、下記の番組をみた。

秀作だ。

無垢は子どもはどのようにも染まる。

軍国主義者にも、簡単になる。

校長、配属将校、修身担当教員らは、

純粋な生徒に対し、「国のために死ぬこと」

鼓舞すれば、みんな志願するとの目論見

によって、講演会が開かれた。

結果、全員が志願した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、特攻隊員に対しても

同様に志願するものは前にといったところ

全員が前に出たそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

痛々しい話だ。

国のためにいのちを捧げると

平然といわないとリンチにうあう時代だ。

拒否できない状況において、志願を募る。

事実上の強制である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この番組では、そんな中で、ある教員が

親の反対を押し切ってまで

志願することはないと

生徒に向かって語った。

大変な勇気のいることだ。

その影響もあったのか、

生徒は冷静になり、

700名から十数名に志願者が減った。

その志願制の中にも、戦死者が出た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大変な時代だ。

終戦の日

皇居の前で

切腹して、敗戦を詫びた

人が幾人もいたとか。