朝霞市地域活動支援センター「れすと」訪問

 昨日、朝霞市地域活動支援センター「レスト」を訪問した。

午後朝霞市地域活動支援センター「れすと」訪問した。

ここは心の病を持つ人たちを支援する「NPO法人朝霞市つばさ会」

が運営をしているそうだ。

少し前に、ここの利用者の法律相談をしたことがあり、

以前から「つばさ会」の名前だけは知っていたので、

この機会に訪問させてもらった。

住宅地の中にあった。名前からは、役所風の建物を想像するが

築40年は建っているかと思われる木造建ての借家であった。

借家にこじんまりとした表札が掛けてあった。

4年前に開設して以来、市役所の委託事業として、

精神障害を抱える人たちが地域の中で生活できるように、

彼らを支援するとともに、地域の理解を深めてもらえるよう活動を

続けている。

中に入れてもらうと10人近くのメンバーの方たちが畳敷きの部屋に

集まって、

3人の職員とともにお茶を飲みながら談笑しているところだった。

いつもはワイワイガヤガヤしているところ

「弁護士さんが来る」ということで、みなさん正座されていた。

平日は午後1時からこうして集まり、夕方まで過ごすとのこと。

ミーティングがあるそうだ。利用者同士で気づいたこと、

プログラムなどについて話し合う。、

調理実習やバレーボール大会、

そして月1回は志木のダイエー広場で

バザーを開催しているそうだ。

柔らかく温かな雰囲気が部屋のなかに漂っていた。

私と利用者の方と「ボロ家」談義をした。

夏、冷房が効かず、冬隙間風がきているようだ。

私は冗談半分に、

「季節間があっていいじゃないですか。

最近の建物は、完璧で人間から感性を奪っているよ。」

とか、話した。

3人の職員の方の笑顔を

記念に「レスト」を後にした。