全国クレサラ・ヤミ金被害者交流集会

11月27日(土)岐阜市で全国クレサラ・ヤミ金被害者交流集会が

あった。

30回目となる大会である。

上記の写真で発言しているのは宇都宮日弁連会長である。

宇都宮会長は、クレサラ問題にかかわってきた。

今は日弁連の会長として、貧困問題にも取り組んでいる。

この30年間の歩みは

消費者金融の高利を引き下げる運動であった。

今年の6月に改正貸金法が完全施行された。

みなし弁済規定がなくなった。

出資法の上限金利が年29・2%から年20%に引き下げられた。

貸付も年収の3分の1の総量規制が導入された。

消費者金融は、この世の春を謳歌していた。

どれだけの家庭を破壊させたのだろう。

どれだけの人を死に追い込んだのだろう。

改正貸金法の実施により

消費者金融の大手の武富士が

倒産して会社更生法を申請した。

多重債務問題は

「いのち」の問題だ。

安心してクラス社会

このような気持ちを新たにした。

帰途、少し町を散策した。

長良川の辺で山の頂上に岐阜城が見えた。

左方の山の上でライト・アップされているのが岐阜城です。

夏はこの川で鵜飼が行われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・