3月議会報告その他(委員会反対、本会議賛成、懲罰か?良心の自由か?)

(昨日に続き)

私が、23年度予算について、常任委員会では反対し、本会議で賛成したところ

共産党の議員から、懲罰だとかの問題にされた。

私は自分の良心にしたがって、

1000年に一度との大震災であり、

事情変更の原則により、

今回は、市民生活に関する予算について、疑問点を明らかにして

反対から、賛成に廻ることは、妥当であると思っている。

私も、血も涙もある人間だ。

委員会で一旦反対をしたとしても

大震災の前には、

執行部の仕事をしやすくするために

賛成に態度を変えることは、私個人の良心の問題である。

・・・・・・・・・

議会事務局の調査の上、懲罰事由の先例はないとのことであった。