これでいいのか?一般質問(1)

23日のこの欄で、中止になっか3月の一般質問を再現した。

なぜ再現ができるのか?

議員が一般質問を通告すると、

職員が質問取りといって、

議員に対し、質問の趣旨を聞き出し

答弁書を起案するのである。

議会を傍聴すると、

答弁側が原稿を読んでいる姿を

見られると思う。

この情景を

片山 善博現総務大臣は

「八百長」、とか「学芸会」と言っている。

私は、一般質問は、証人尋問そのものではないので、

質問に対し答弁書を作成するのは、それだけでは

「八百長」とか、「学芸会」とかは思わない。

議員が、執行部に質問さらには再質問、再々質問まで

作ってもらっているならば、文字通り

「八百長」とか、「学芸会」である。

私の意見は答弁書があるならば、

事前に質問者に交付し、

再質問の便を供すべきであるというのだ。

すなわち、

質問と答弁書で争点が明らかになる。

明らかになった争点について

再質問、再々質問を繰り返すことによって

争点の問題点が深まるのである。

それも一問一答式で行えば、

充実した一般質問になる。

・・・・・・・・・・・・・・・

しかしながら、この一問一答式に反対するのが

議会の多数である。