地方議会の多数に対し一人会派を護ってくれるのは憲法だ。

わたしは、朝霞市議会では一人会派であり、他の議員の賛同が
ないと多数決では負ける運命にある。
しかしながら、採決で仮に破れるにしても
一人会派も二人以上の会派と差別することなく、
発言の機会を与えて欲しいと主張している。
なぜならば、議会における本質は、
少数者にも自由な討論の機会の保障である。
保障しないということは、少数者を尊重しないということだ。
ところで、国政は大きな枠組みで政治を行うことは、合理的な面がある。
すべての個々の議員の地位をあらゆる面で平等に保障することは
限られた時間の制約上、困難である。
しかしながら、基礎自治体の市町村議会において、
通常年間約40日前後で、わずか24名の構成員である。
なぜ、大きな会派の人たちは、国会と同じ扱いを機械的に
行おうとするのか、合理性のないことは明白だ。
・・・・・・・・・・・・・
現在、代表者会議を正式な法令上の会議するための協議を続けている。
その際、大きな会派の意見は二人以上を会派として、
1名の会派は認めないといっている。
・・・・・・・・・・・・・
大きな会派の人たちは、ここで多数決を持ち出す。

しかしながら、多数決で一人会派を認めないのは、憲法違反であると主張している。

大きな会派の人たちは、多数決は、議論を尽くした上に一応の
決着を付けるための手段であることをわかっていないようだ。
多数決は正しいことを証明するのではない。
そして、多数決でも奪えないものがある。
これが人権である。
議員は、住民の参政権の行使の担い手である。
全会一致の代表者会議の構成員を認めないのは、
不合理な参政権の侵害である。
なんどでも強調する。
わずか24名の基礎自治体の議会である。
町内会でも構成員は24名を超える。
町内会では、会派など存在しない。
みんなが参加するのが自明のことであるからである。
24名の基礎自治会において、なぜみんなが参加するのが
あたり前といわないだろう。
一人会派を認めてどのような
弊害があるのだろうか。
私は大きな人たちに、一人会派を認める弊害を
質問しても未だ回答はない。
弊害なと存在しないのである。
むしろ、一人会派を認め、討論に参加させることにより
民主主義の基盤がより強固なものにめなるのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、大きな会派のある人たちは、私に対し、
憲法の主張とか、憲法違反との主張は
やめるべきと忠告される。
しかしながら やめれば、一人会派は大きな会派に埋もれてしまうことは自明である。
少数者である一人会派の私を守ってくれるのは、憲法である。
因みに
私は現在、
埼玉弁護士会の憲法委員会事務局長
日本弁護士連合会の憲法委員会委員
関東弁護士連合会の憲法問題に関する連絡協議会委員
である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・