自転車の公共化の実験

昨日(8月4日(木)は、裁判のために東京地方裁判所立川支部に行ってきた。
10時過ぎに最寄りの駅についた。

こんなところにレンタサイクルがあった、

看板をよく見ると

無料のレンタサイクルである。

3年前、斬新な無料レンタサイクルをフランスのパリで見かけた。

その後日本でも先進自治体でやりだしたと聞いていた。

なるほど、この自転車を使って、裁判所に行って来れば、

楽ちんである。
早速貸してもらった。
手続きは一切なし
鍵もない。

係の人に尋ねた。
<自転車が盗まれても、気にしなくてもいい
そのうち見つかる>

久しぶりに自転車を漕いだ。

じきに立川支部についた。

大きな建物だ。

駐輪場に自転車を置いた。

裁判をやって、また元来た道をもどった。

最初の駐輪場に自転車を戻した。

・・・・・・・・・・・・・・

自転車と駐車場の問題

自転車と窃盗の問題

この問題の解決に

自転車の公共財化は、

検討に値する。

たいていの家庭に自転車がある。
少し駅まで遠い。
バス停が近所にない。
そのような事情で駅前に
駐車場を設けても、
満杯になっていたり
利用料金にこだわって
駅前周辺に不法駐車をする。
放置自転車と思って
つい「使用」窃盗をしてしまう
人もいるかも知れない。
自転車を公共物として
みんなで利用し合えば、
放置自転車の問題は
少なくとも起こらない。

いかがでしょうか.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・