多数決でも奪えないものがある。共生社会の実現を!!

8月19日の議会運営委員会において、

代表者会議の取り合い会について

採決(一人会派を認めるかどうか)が見送られた。

明政会の佐野議員が、採決を求めたが、

議会の改選があるので、新しい議会運営委員会

これまでの経緯を申し送ることになった。

代表者会議が全会一致であるので、

これまで、積極的に共産党が一人会派を認めているので

全会一致にならないと思っていた。

それでも、もし、採決を求めた場合は、

従前の質問書について議長と議会運営委員会の委員長に

回答を求める予定であった。

① 立法事実はあるのですか。

(一人会派を排除しなければならない、事実が存在するのか。)

②なぜ、政党に入ると一人会派を認めるのですか。

③一人会派を構成員としないことによって、一人会派議員に

不利益を与える。これは憲法21条1項の団結をしない自由の侵害のみならず、

憲法19条の思想・良心の自由の侵害にならないか。

④二人以上の会派と一人の会派と異なった取り扱いをすることは

憲法14条の法の下の平等に反しないか。

・・・・・・・・・・・

この問題の解決は先送りになった。

多数決で奪えないものがあり、

まず、代表者会議において

共生社会の実現を達成して貰いたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・