あたらしい議会のはじまり

18日、新しい議会の初日であった。

4年前のこの日のことを思い出す。

議場に入る廊下で知り合いの職員から 「緊張していますね。」と
声を掛けられた。

内面を見透かされたと思った。
不安な気持ちが顔に出ていたのだろう。

弁護士と議員の仕事の両立ができるのだろうか。
こんな不安があった。

他市のベテラン議員が両立なんか、できないと
私が不安になることを言っていたからだ。。

それから4年が経過した。

この間、弁護士との兼業であったが
議員専業の市議会議員に負けないくらい
一生懸命に活動し、成果もあったと自負をしている。

さあ、新しい議会がはじまる。

みなさんと一緒に
議会改革の第2の扉を
開きたいと思っている。