議会事務局の上司は誰か?(議長か、副市長か)

どんな組織にも事務局がある。

議会事務局は文字通り、議会ひいては議員を支えるものでなければならない。

ところが、議員になってから、いろいろな場面で、議会事務局が介入してきた。

議会事務局の職員が、あたかも議長、常任委員会の委員長のごとく、

平然と遠慮なく介入する。

そんなとき、議会事務局は意識としては、議員を下に置いているのでは、

ないかと思ったりしていた。

しかしながら、議会事務局がそのような意識をもつ構造的な

原因が存在している。

先日の請願取下げ事件で田辺議員が明らかにした。

朝霞市の人事考課制度に欠陥がある。

議会事務局長の人事考課を行うのは、副市長である。

よって、議会事務局が議員よりも、執行部におもねる理由が

ここにある。

先日の請願取下げ事件はその典型である。

議会事務局は、請願を議員に開示する前に執行部に開示し

さらに請願者の個人情報である連絡先も教えていたと思われる。

副市長が請願者に対し、直接、請願を取下げるように手助けをして

最後は議会事務局長が副市長の意向にそって、取下げ書を起案し、

議長の許可もなく、夜間、請願者宅を訪れた。

事務局長以下議会事務局には、議長の許可を受けて

行動しなけれはならないという

法令上の規範意識がなかったと思われる。

あるのは、副市長、さらには市長のためにではないだろうか?

・・・・・・・

人事考課が議会にあたったら

事務局長は、毅然たる態度をとったろう。

副市長の意向に対し

「議長に伺ってみます。」

と答えたはずである。
・・・・・・・・・・
指揮命令の系統と人事考課の分裂が

この間の一連の、議会事務局の議員に対する軽視と伺われる

態度の原因であると推察される。
・・・・・・・・・・・・
副市長が行う議会事務局に対する人事考課を改める必要がある。
議会改革で、議会事務局に対する指揮命令と人事考課の統一も
取り上げなくてはならない。