私の失敗?

A君の判決を聞くために、法廷に入った。

先に入っていたA君がちらりと私をみた。

A君はバツがわるそうに、みない素振りをした。

Aの死角になる傍聴席の一番後ろに着席した。

・・・・・・・・・

主文 懲役1年8月

裁判長は判決の最後に「刑務所から出てきたら働いて

まじめに生活をして下さい。」といった。

2年前に同じく窃盗で懲役2年執行猶予4年保護観察中だった。

あわせて、3年8月の懲役刑となる。

わずか8万円の窃盗である。

A君が法廷から出ていくまで、傍聴席に座っていた。

(私に挨拶をするだろうか。多少の期待を抱きながら・・・)

結局、私の方に顔を向けることもなく出ていった。

・・・・・・・・・・

2年前、A君はホームレスの状態であった。

私も市の担当者もA君の更生を願って、

住居を手当てした。

住居を借りたくても、A君には、保証人がいなかった。

やむをえず、私が保証人になった。

保護費を使い込み、

家賃の支払が滞り、賃貸借契約の解除となった。

私が事務員に手伝って貰って原状回復をした。

部屋は言語に絶する悲惨な状態だった。

・・・・・・・

恩師、友人、そして私達の善意をないがしろにした。

A君の卒業高校は、トップレベルの学校だ。

優秀な能力があるのであるから、正直さと努力が備わっていたら

窃盗などしなくても生活ができたはずである。

保護を受けながら、ギャンブルに金を使い金がなくなり、窃盗をする。

不愉快なことだ。

私の失敗だ。

4年前、北九州でおにぎりが食べたいといって

餓死した人がいたことを思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・