被告に真摯(しんし)な反省もうかがえない。

光市母子殺人事件について最高裁は

「被告に真摯(しんし)な反省もうかがえない。」

ことなどを理由として

死刑判決を是認した。

当初は殺人を認めていたところ

現在の弁護団は殺人を否認した。

その主張が「被告に真摯(しんし)な反省もうかがえない。」

としたようだ。

ある作家は、被告人が否認したら、叱って

あくまで殺人を認めて、反省の態度を示し続けたら、

極刑は免れたという。

弁護士の活動によって

多少の刑事責任の変動はあっても

死刑になったり、ならなかったりするのは

適当な言葉が見つからない。

人に規範意識が芽生え

人に道徳心が育まれることは
後天的な教育の要素があるのではないだろうか。
もし、被告人に規範意識も道徳心もない
というならば、親の責任まで遡る。
・・・・・・・
なくなった人の人権はどうなるか、という問題はある。
死刑にすることによって、人権が回復されるのではない。
被告人ばかりではなく親、学校、地域など
責任を共有すべきではないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・