憲法記念講演会

私は、毎年5月3日は憲法記念講演会に出かけている。

今年は,慶應義塾大学であった。

講師は,上野千鶴子氏  当事者主権と自己統治
      中里見 博氏   原発と憲法/第三の生存権へ
下記写真は,上野氏の講演風景

上野さんの講演の中で,憲法前文を募集し,

ある少女のものが紹介された。

・・・・・・

私たちの書く憲法前文

全くもってタイシタコトのない

世界的にみて,ソコソコの国がいい。

立派な国にして行こうとか言うけれど

いったい誰が決めたんだか・・・・。(中略)

世界なんという単位で

立派でいちばん!になる必要はあるのか。

私たちから見て一番幸せになれる国。

そうなる必要は大いにあり。(後略)

・・・・

目線がいい。

憲法の目的は,私たちの幸せにあるという。

次に

中里見 博氏は代議制民主主義について,

政治参加を4年に1回の投票に限定することで,

市民の政治参加を抑制する

意思決定のシステムといっていた。

代議制(代表制)民主主義だけが民主主義か?

首長と議会のねじれ

議会と住民投票の対立

小雨の中の慶應大学での充実した午後であった。