海峡を渡るバイオリン-陳昌絃さん亡くなる

5月15日事務所で法律相談をしていたら,

夕刊で,陳昌絃さんの訃報の記事があったと

電話があった。

言葉に表せない思いを抑えて,

私は,平然と相談を続けた。

今から10年前,裁判所から帰る途中

ラジオの朗読の時間だった。

丁度「海峡を渡るバイオリン」のコンクールの

場面だった。

6部門中5部門での金賞の場面だった。

運転をしながら,私は感動のもらい泣きをし

運転に差し支えるほどだった。

このとき,陳氏の半世紀にわたる

あるいは,少年期にバイオリンと

出会ったときの夢が実現した。

私は早速,本を購入した。

大学で英文学を学んだだけの陳氏は,

学校の教師を志したが

国籍条項でできなくなった。

絶望の淵にあったとき,学内の講演会で

ストラディヴァリウスの音の不思議に出会う。

そこから,独学でバイオリン製作者への夢が始まる。

・・・・・・・

縁があって,陳さんにお会いすることがあった。

書棚から本を持参して,署名をお願いした。

文字通り,愚直にストラディヴァリウスの音

を求められた。

バイオリンの製作を,独学で

世界的レベルまで達することは,不可能に近いことだ。

このバイオリン製作の秘伝は,息子さんに受け継がれているようだ。

差別を乗り越え,

祖国を愛し,

家族を慈しみ

ストラディヴァリウスが,時空を経て,400年後の現代に

すばらしい音を奏でるように

今後,何百年も陳さんのバイオリンは,

人々の心に感動を与えるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・