「また,子どもを連れてきていいですか? 」「もちろん,いいです。」

保育園に通う二人の男の子の母親の相談だった。

遠くからいらっしゃった。

おそらく1時間半かけてきたのではないだろうか。

相談中,子どもたちが事務所内をうろちょろしていた。

しきりに母親は,そのことを気にかけていた。

土曜日は,保育園は休みで,どこかに預ければ,

お金がかかる。

したがって,私の事務所では,

子連れの相談を当然のごとく,了解する。

1時間半もよく子どもたちは,我慢した。

終わりの方では,もう帰ろうと言って忍耐の限界に近づいていた。

帰り際,玄関で二人の子どもに,

「お母さんを大切にするんだよ。」「掃除なんか,手伝ってあげるんだよ。」

と声をかけた。

子どもたちは,そんな私のことばなど気に止めずに玄関から飛び出して行く。

私は母親に向かって,

「今度来るときは,もっと大きくなっているね。」と言った。

母親は,相談中子どもたちが,飛んだり跳ねたり,相談室から出たり入ったり

していたので,私が子ども連れの相談は,もうこりごりと思っていると

思ったのか,

心配そうに

「また,子どもを連れてきていいですか。」

と私に聞いた。

「もちろん,いいです。」

と答えた。

健気に,子育てをしている。

小さな事務所で一生懸命働いている。

別居中の夫の借金が事務所に知れたら

クビになるかと心配していた。

私が

「そんなことはありませんよ」

といっても,小さな事務所では,

大変よくしてもらっているようで,

何かと心配していた。

おそらく,今日から,法律問題の心配はなくなるだろう。

元気よく帰る親子の後ろ姿をみながら,

せっかくの土曜日が,という嘆きはなく,

親子の幸せ少しでも法律が役立ったようで,

気持ちのよい土曜日だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・