17万人の中に

2012(平成24)年7月16日午後1時代々木公園の17万人の中にいた。

50年以上前の安保条約の改定反対のデモ以来最大の規模という。

ある意味、歴史の中にいたことになる。

壇上で挨拶をしているのは、画家の奈良美智(よしとも)さんだ。

後ろのかかっている少女の絵画の作者だ。

奈良さんは、自分の書いた絵を自由に反原発の運動に

使用してよいと話していた。

自分ができるのは、このくらいと謙遜していた。

ピカソのゲルニカに匹敵するものではないだろか。

少女の目はなにを物語っているのだろうか。

それぞれの解釈だろう。

私には、子どもたちを守れと聞こえる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・