なぜ、ぼくのいのちを守ってくれなかったの!

幼い朝霞市民-明日(あした)くんが亡くなる。満5歳だった。

下記は、朝霞市から議員に配布されたペーパーだ

(保育園名は、消した)。

下記は、毎日新聞の記事(抜粋)

平成24年
6月 8日  保育園を休み始める
18日  保育園から市に明日ちゃんの休園を連絡
7月 4日  児相が市役所を訪ね、休園を知る。草川容疑者と電話したが面会は拒否される。

・・・・・・・・・・・

親から危害を受ける明日君の生命を誰が守るのか。

保育園の園長、朝霞市の担当者及び児童相談所は、

要保護児童の明日君の欠席が続いているのであるから

危惧している事態をなぜ想像できなかったのだろうか。

地域の民生委員・児童委員及び人権擁護委員は、

こうした問題にかかわらないのか。

こうした事件で行政側の責任を裁判で問われることはない。

なぜならば,被害者は、亡くなり、遺族は当事者だからである。

この事件も行政側は、厳しく弾劾されずに終わるのだろうか。

それにしてもどうして誰も自宅を訪ねないのか?

・・・・・・

なぜ、ぼくのいのちを守ってくれなかったの!

(との声が聞こえてくる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・