続 なぜ、ぼくのいのちを守ってくれなかったの!

明日くん事件について概要を下記のニーュスからまとめた。

J-CASTテレビウォッチ

児童相談所は、4年半前から母親の虐待を把握

逮捕されたのは埼玉県朝霞市の無職・K(23)と交際相手の無職・S(23)

事件9日(2012年7月)夜

Kから「子どもが呼吸していない」と119番通報

救急隊員が駆け付けたところ、長男は心肺停止状態

搬送先の病院で死亡が確認

子どもの体に10数か所もアザ

児童相談所が2度保護。

帰宅直後から

「壁ガンガン叩いて拷問」

KとSは「なつかないので殴った」という。

しかし、母親の虐待は生後6か月の時から始まる。

児童相談所もその頃に把握し長男を2度保護。

最近(2度目は)、KはSと同棲生活を始めたため

(これは行政に告知していないのではないか。小山)

「養育困難」の申し出

児童相談所が長男を保護

5月になってKが「育児がしたい」と連絡

児童相談所は「今後は子どもに暴言・暴力を振るわない」

との約束を交わして長男を帰宅させた。

ところが、その後も虐待は繰り返されていた。

同じアパートの住人によると、

「男が壁をガンガンと叩いて『立て座れ』『立て座れ』を何度もやらせて、

終わると母親が男に代わって同じことをやっていた」という。(小山下線)

Kは未婚のシングルマザーで、生活保護を受けていた。

現在、妊娠5か月ぐらいで11月には出産予定

・・・・・・・

(コメント)

どうして、同じアパートの住人の声が行政に届かなかったのか。

どうして、行政は見守りに手が回らなければ、民生委員兼児童委員

に自宅に行ってもらい、その後の状況把握に努めなかったのか。

Kが子どもの引き取りを希望したのは,もちろん愛情の発露と思いたい。

他方、同棲を始めた無職のSとの生活費に事欠き、

子どもを児童相談所に預けていて、生活保護費が減額されていたところ

減額分を回復するために引き取りを希望したのではないだろうか。

無職の男が転がり込み、同棲するために子どもの世話が焼けないと

児童相談所に子どもを預け、

今度は、生活費に事欠き、子どもを引き取ったということなのではないだろうか。

行政に無職の男と同棲していることが判明すると生活保護は打ち切られる。

こんな危うい生活の状況下であったのだろう。

こんな中で、明日くんが養育されていた。

行政は、子どもの福祉のために踏み込めなかったのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・