ある研修会

先週ある研修会があった。

心理カウンセラー、電話相談員が参加した。

特に電話相談をする場合の問題点と課題を研修した。

こんな研修があった。

電話相談する人は、電話相談を通じて、身体のもやもやが

整理される。

今度は、相談員がそれに反応して身体にもやもやが生じる。

このケアーの課題があった。

相談員同士で、電話相談のように傾聴して、いたわることになる。

ところで、相談者と相談して、弁護士にももやもやが生じることがある。

しかしながら、弁護士にとっては、それは日常的なことであり、

また、新たな相談に対応することによって、自然と薄らいでくる。

日常的に相談業務をしていない人にとって、重たい相談業務が

あとに引きずることがあるかもしれない。

他にも課題があり、学生気分になった一日だった。

研修が終わり、この社会に少なからずの人が

人の役に立ちたいと考えていることを知ったことは、成果だった。

私たちのまちにも、こんな善意の市民は沢山いると思う。

・・・・・

余談だが、そう思うと、裁判員制度で裁判員になった市民には、心配がある。

刑事事件記録は、人間の残酷な場面がある。

この体験は、引きずってしまう。

やはり、相談業務などのように自ら希望してする場合はともかく

裁判員のように強制的に命じられて行うものに、残酷な事例を

見聞させるのは、いかがなものだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・