石原都知事と憲法について

石原都知事の憲法に関する主張と問題点は、次のとおりだ。

1 憲法は無効だから廃止

  そうすると明治憲法復活?あるいは無憲法状態?どうやって新憲法を作るの

      だろうか。この間の無数法律、行政行為、締結された条約はどうなるのか。

      社会は、未憎悪の大混乱になってしまうのではないか。

2  徴兵制の導入

   後記のとおり、世界の傾向では、徴兵制の廃止が進んでいるのにどうした

       ものか。

   現在、確か自衛隊員20万人だろうか。これに徴兵制の隊 員を加算するなど

       すると、中国に次ぐ世界最大級の軍事国家になり、軍隊を維持するために

        財政破綻し、社会保障どころではないのではないだろうか。

3  核兵器保有

   広島・長崎の悲劇、そして、福島原発事故から、私たちは核の惨劇を体験

        している。

   世界の核軍縮を私たちが率先してなさなければならないのに、核兵器を

        保有することは、どうしたものか。国際関係の緊張を煽り、核兵器の威嚇

         による交渉に失敗した場合もう、日本の再生はない。消滅してしまう

         のではないか。

・・・・・・・・・

         【歴史上、一度も徴兵制を施行したことがない国家】
         オーストラリア、ニュージーランド、アイスランド、インド

         【現在、徴兵制が施行されていない国家】
         日本、米国、英国、カナダ、オーストラリア、フランス、イタリア、

                       スペイン.ポルトガル.オランダ、ベルギー、サウジアラビア、

                        ヨルダン、パキスタン、バングラデシュ、アイルランド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・