我が市自慢?のはずの校舎ーなんと図書室に本を読む机がないとは!

平成24年11月16日、我が市の自慢?設備が完備している第〇中学に行った。

ここは、オープンスペースの図書室を売り物にしているそうだ。

図書室に入った。この図書室の天井は空いているので、昼休み時間なのか。

音楽の音がモロに図書室内に入ってくる。

まともに本などを読める雰囲気ではない。

よく見るとこの図書室には机がない。

机はどこにあるかというと、図書室の外にある。

下の写真は机の存在を確かめるために扉を開けて貰ったところだ。

この扉は、開けて使用する筈であったが、そうすると生徒が図書室を通路にしてしまうから

締めるいるそうだ。

したがって、この図書室には、本を読む机がない。

調べもの学習などをすることができない。

さらに驚きは、図書室のスタッフは午後12時30分から午後16時30分までの勤務である。

スタッフがいない午前中は、図書室は閉まっている。

また、夏休み、冬休み、春休みも閉まっている。

机がなく、開室時間も一日4時間である。

なんという、図書機能を削いでいる図書室だろうか。

文部科学省の基準に適合しているだろうか。

この新校舎は、平成18年4月に竣工しており、6年が経過した。

この間、はっきりいって欠陥図書室を

学校の責任者、監督する教育委員会

は、当然に熟知しているはずだ。

知りながら放置していたのだろうか。

ため息というより、あきれる。

どうして、その地位にある大人は、子どものために

動かないのだろうか。

納得できない。

・・・