全国一斉生活保護ホットライン

今日、日弁連が企画する全国一斉生活保護ホットラインが行われた。

埼玉弁護士会でも有志が6回線のホットラインに応対した。
朝10時から夜10時まで交替で担当する。

生活保護は最後のセーフティネットだ。

私たちが、安心して生活できるひとつには

暗黙にセーフティネットがあるからではないだろうか。

ときどき街で、

一時生活保護を受け、

今では、自分の力で生活している人に

会うことがある。

そして、鉄道が人身事故で止まることがある度に

その人たちに、セーフティネットの保護は

なかったのか、思うことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・