3月議会の報告(一般会計予算に反対した理由1)

3月議会は、予算審議が大きな役割である。

予算の議決について、いろいろな考え方がある。

市議会では、一貫して共産党は反対を貫いている。

無所属のベテラン議員は、反対がないと議会の緊張感が

ないことなどを理由に、これまた一貫して反対している。

私は、賛成したり、反対したり議案審議の経過による。

今回は、次の理由により、反対した。

決定的に反対した理由は、次の点である。

 

朝霞の広報「広報あさか」について

依然と、公称3割の世帯に届かないことを改善しないのである。

 2013年04月07日10時56分44秒0001

これに対する回答が以下のとおりである。

自治会連合会の回答

従前から、自治会町内会が広報を配布して頂けなければ、

① ポスティング業者

② シルバー人材センター

③ 障害者等の団体

によっての配布を提案してきたのは、議員の各位である。

これに対し、市長は自治会町内会に頼んでみると回答していた。

以上のとおり、市長が配布料を自治会町内会に差し上げると提案しても

以上のとおり、拒絶された。

隣接市の和光市では、同じように、自治会町内会に拒絶されたため、

現在では業者によって全戸配布している。

一切、市の行政サービスはいらない人

必要のない人には、

広報は、届かなくてもいいかも知れない。

しかしながら、広報はさまざまな行政サービスの内容が載っている。

いろいろな事情で、自治会町内会に加入していない世帯に対し、

自治会町内会が配布をしませんと断言している以上、

広報の配布方法を改めて

上記の

① ポスティング業者

② シルバー人材センター

③ 障害者等の団体

に転換すべきである。