憲法を考える1(前文)

憲法草案1

憲法草案2

…………………………………………………………………………

自民党の憲法改正草案の前文だ。現行憲法と比較した。いかがだろうか。

憲法の目的は、国家を縛るものである。現行憲法は一貫して、その方針を貫いている。

自民党の憲法草案は、現行憲法を超える統治の理念の主張がない。

仮に、今憲法を改正することになると21世型憲法にふさわしいものであるべきである。

世界の各地で、原理主義が台頭している。多元的な社会を一元的な価値体系を

強制するのは、無理が生じる。

法は、宗教、道徳、さらには倫理とは別の次元にあり、

人々が共生するルールでなければならない。

それぞれの価値を他者に強制してはならない。

自民党の憲法改正草案の前文は、いかがだろうか。

ある価値を他者に強制してはいないだろうか。

仮に憲法の改正の必要があるならば、

憲法9条が世界遺産といわれるように

英知を集め、他の国に対し誇れるような21世紀型憲法を

創造すべきではないだろうか。

人類の普遍の原理に基づくものであるべきである。

そうであるならば、憲法前文について、現行憲法を改正する

理由は見いだせない。