6月議会報告5 平成24年請願1号会議の「空スペースと傍聴」の請願採択

空スペースと傍聴

正義が回復された。

市民の傍聴権が侵害された事件があった。

上記請願は、侵害された市民の人権救済の面もある。

平成24年の3月議会から、1年余りの審議を得て、

やっと採択された。

なお、議会では、今、議会改革を行なおうとしているのに

上記のような請願の紹介議員になるのは、

おかしいという議員がいた。

しかしながら、平成23年8月10日の7名の傍聴の不許可は

朝霞市議会にとって不名誉なことである。

まず、議長の誤り、議会事務局の助言の誤り

公式に傍聴を認めなかった謝罪がない以上、

上記の請願は、正当なものである。

以下、再度、この請願がなされた状況を述べる。

・・・・・・・・

平成23年8月10日全員協議会が行なわれた。そこに市民が傍聴を希望した。

当時の市議会議長は、規則で5名しか傍聴席はない、これ以上は

傍聴を許さないとした。

最終的には、議長の判断だが、議長に助言した当時の議会事務局の責任だ

と思っている。この日の状況は朝霞基地跡地の平成23年8月11日の

下記のプログが参考になる。

・・・・・・・・・・・・

朝霞市議会 傍聴者を採決で排除する呆れた措置 -朝霞基地跡地-

・・・・・・・・・

この件について、私は全員協議会の中の一方の当事者だった。
議長が、傍聴人は定数5名といって譲らない。
そこで、私は議長に対し、全員協議会のメンバーに諮って
欲しいと主張した。
そうすると、公明党が団でどうするか、決める必要があるといって
全員協議会室から出ていった。
そして、上記のとおり、基地跡地のプログのとおり、傍聴の許可は
少数で否決された。
これについて、私のブログも下記のとおり触れている。
Posted on 2012年6月3日 by 小山 香  | Edit
市民の常識と議会の常識と偏差
憲法の理念と議会を支える議会事務局の理念の格差
そんな思いがした平成23年8月10日事件だった。
議会改革に熱心な市民の請願によって、以上のとおり
正義が回復された。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・