被告人からの手紙

刑事事件の国選弁護人をしている。

先日、警察署に接見に行ってきた。

思いかけずに当人から私に手紙がきた。

以下のような内容だ。

今まで、何度も国選の先生にお世話になった

事はあるものの、

私の進路に対してあの様に熱心になって頂いたのは

初めてだった。

これを機会に良き父親を目指して一念発起

することを心に決めた。

 

私は、次のような助言をしていた。

もう、自分の力で更生しましょう。

今は別れて暮らす子どものために

少しは父親らしいことをやりましょう。

世の中には、文字通りの一人身の人がいる。

あなたには、子どもがいる。

自分の力で

仕事を通じて一歩、一歩、信用を獲得して

お子さんたちと再会を実現して欲しい。

・・・・

あまり、詳しく書くことは控えるが

約1時間くらい話をした。

私は、刑事裁判だけにかかわる単なる刑事弁護人である。

それでも、私の一言が被告人の更生の意欲を

刺激したとするならば、うれしいことだ。

公判では、久しぶりに良い弁護ができそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・