まずは「人は生まれながら自由」から始めよう-人権のための法教育委員会報告

法教育25・9・22

法教育の表紙

法教育について、9月22日(日)勉強会に出かけてきた。桐蔭横浜大学メディエーション研究所である。

上記の見出しは、パワーポイントの1頁である。

法を一言でいうならば、

「人は生まれながら自由」が妥当である。

人は生まれながら自由

(丁度、ネットの画像でその言葉にぴったしの大阪府の学習教材にイラストがあり引用させて貰った。)

いろいろな法教育の実践が行なわれている。

お上の手先?のようにルールを作りましょう。ルールを守りましょう。というのが、はやっているが、いかがであろうか。

少なくとも、弁護士は在野の法曹を自負しているのであり、基本的人権の擁護と社会的正義の実現とういう使命を帯びている。

したがって、近代法の標語である。

まずは、「人は生まれながら自由」からはじめよう。

後日、内容を追完します。