朝霞の森 開園1周年記念

朝霞の森 開園1周年記念行事

DSC00564

この朝霞の森は、13万人市民のみならず、近郊の人々にとって貴重なものである。

市民の力が無かったら、この場所で超高層の国家公務員宿舎が建設されていた。

超高層の建物から朝霞市民は、日々見下ろされたいたら、どんな気持ちになったろうか。

そんなことを思いながら、仕事をやり繰りして会場に出かけた。

 

市民と行政が同じ方向を向いているならば、負の遺産の基地跡地が、正の財産に

昇華するのである。

私もこの朝霞基地問題がなかったならば、それほど地方自治に目覚めなかったろう。

この1周年事業を企画した市民の力、行政の後援、そして力の有機化に助言をされた

有識者の総合力の賜物だ。

元気にはしゃいでいる子どもたちの姿が印象的であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・