ある判決

主文 被告人を懲役〇年に処す

この判決の確定した日から〇年間執行を猶予する。

・・・・・・・・・

拘置所の出入り口から、元被告人出て、家族に迎えられていた。

刑事弁護は個性がある。

私は元被告人には、面会する度に強く叱った。

家族に代わって叱った。

少し涙を出していた。

叱るには、いろいろな理由がある。

その一つに、外に出てからイバラの道が待っているからだ。

他人に何を言われても、たんたんと仕事を続けて欲しいからだ。

叱っても、元被告人を肯定するのは忘れない。

だれにもいいところがある。

それを指摘した。

公判では元被告人は、更生の意欲を述べていた。

 

最初は、元被告人に対し、どうなってもいいといっていた家族だった。

しかし、家族で元被告人迎えてきた。

人が更生するのに家族の力に勝るものはない。

 

元被告が家族に宛てた手紙の原本を返した。

これまででこれほど真剣に書いた手紙はないと思う。

その気持ちを忘れないために返した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・