朝霞 積立金が少ない ワースト5(全国812市区平成24年度)来年はワースト1?

財政破綻した夕張市。私たちはどんな教訓を得たのだろうか。わが市、朝霞市はほんの数年前は地方交付税不交付団体であった。そんなことに気を緩んだのか、財政調整基金が取り崩されてきた。

平成14年ころには30億近くあった。富岡市長が就任した平成17年には訳18億5千万円近くあった。

昨年は、7億5千万円まで取り崩された。

財政調整基金

昨年の財政調整基金等に基づき日経新聞が、次のとおり、全国調査を行なった。

平成25年11月24日(日)の日本経済新聞に日本経済新聞社がNEEDS(日経の総合経済データバンク)を使って全国812市区の2012年度決算(普通会計、速報)調べた。

積立金(財政調整基金)が少なさの全国統計では全国812市区中、ワースト5であった。

日本経済新聞

財政調整基金は、上記の7億5000万円が、平成25年度末には、2億8361万4千円になる。

来年は、積立金、ワースト1になるのは間違いがないと言われている。

朝霞市は、来年、全国に話題を提供するのであろうか。

少し前で地方交付税不交付団体の朝霞市、「予算執行停止」!