ある接見

yjimageLPK3A9NH

私は被疑者段階から国選弁護を引き受けている。

事後強盗で逮捕され、窃盗と暴行で起訴されている。

被害品は、コンビニの清涼飲料水僅か130円である。

家族が身元引受をすれば、起訴されないかもしれない事案である。

全くの無一文だという。

但し、5月に土木作業員として仕事をしたとがあり、その給料がある。

なんとかして欲しいと頼まれた。

会社の名前も覚えていない。

ゼンリンの地図を接見室に持ち込み、示しながら、やっと会社が特定できた。

会社に請求をして、会社から現金書留が届いたので、差し入れをした。

一日8000円

10日間稼動した。

それからそれから、宿泊代、食事代などを引くと

1万数千円が送られてきた。

公共工事の土木作業員の報酬の基準は

一日2万円前後ではなかったか。

仮にそうだとすると相当にピンはねされている。

いずれにしても、その問題と刑事問題とは直接関係がない。

接見して、こんなことを話した。

僅か130円で逮捕・勾留、そして刑務所は、みんな割に合わない。

簡単に仕事をやめないで欲しい。

簡単に泥棒をしないで欲しい。

正直に生きていれば、一時でも福祉の世話になることができる。