被告人を懲役〇年に処する。

ホームレス中にコンビニでの万引の公判があった。

検察官が被告人質問で厳しく被告人を追及した。

検察官の質問の態度に気になった。

両手を腰に置いて、文字通り見下し質問を続けていた。

途中で異議を述べようか迷ったが、最後までじっと我慢した。

検察官の質問が終わってから、

再主尋問をした。

こんな風にいった。

検察官の質問で自尊心とか、プライドを傷つけらたと思う。

これから刑務所にいって、いろいろなプライドを

傷つけられるなどのイバラな道がある。

耐えられるか。

ー耐えます。

その後、検察官は厳しい論告をした。

私は、弁論で次のようなことをいった。

ホームレスで、生活苦で窃盗をする。

これは、被告人にセーフティネットが届いていない。

刑務所がセーフィティネットは納得できないことだ。

ホームレスを支援する活動がある。

私たちの責任でもある。

今度社会に出てきて、生活に困ったら、

ホームレス支援の援助を求めるように述べて

締めくくった。

直ちに判決があった。

検察官の求刑よりも相当減刑されていた。

法廷から出ている被告人に声をかけた。

元気で!