やっと、無罪の弁論要旨を書き上げる。

事件の内容は詳しく述べない。

年末、年始を返上して起案した。

やっと、無罪の弁論要旨を書き上げる。

12月の半ばに検察官の論告があった。

検察官は弁論を年内に終えろといっていた。

私は2週間時間を欲しいといった。

そうすると年内は無理となり、新年早々に公判が入る。

この事件を通じて、冤罪は捜査官の見立ての誤りにより、

容易に作られやすいことを実感した。

起訴すると検察官は、「勝ち、負け」にこだわる。

一端提出した書証の取り調べ、弁護人が同意をしても

どんな都合が悪いのか、撤回する。

勾留が長期になったので、取消請求をしても同意しない。

そして、上記のとおり、弁論も早くやれという。

検察官の意図は、できるだけ「無罪」にしたくないのかと

勘繰ってしまうのはわたしだけであろうか。

起訴したのは、捜査検事だ。

現在、公判を立ち会っている検事ではない。

それでも,「勝ち、負け」にこだわっているようにみえる。

検察官は公益の代表の筈である。

優先順位は、疑わしきは罰せず。

冤罪を産まないことではないだろうか。