12月議会報告6 朝霞市健康増進センター(わくわくドーム)リハビリプール死亡事故

平成26年4月22日深さ1・25mのリハビリプールで男性(39歳)が沈んでいるのを監視員が発見し救命措置を行ったが亡くなった。

これについて報告書が作成された。今後監視態勢を強化するとの内容だった。

報告書は、もっぱら指定管理者の業者側の責任を記載している。

ところでこの報告書には大きな問題点がある。

男性が死亡した原因が明らかにされていない。

死体検案書を検討していない。事故原因について、死体検案書の検討もしないで、今後の防止対策などは、取りようがない。

 

 

KC4A0193

(リハビリプール)

 

 

KC4A0196

監視室から見たリハビリプール

監視員はこの部屋にいた。

リハビリプールは、障害者用プールといってよい。こんな管理態勢で自己が起きた。

私は管理態勢の落ち度、さらには朝霞市は監督責任があると思う。