ほんとうにいいの?集団的自衛権

市民集会27・5・21

埼玉弁護士会「安全保障関連法案の改定に断固反対する会長声明」より抜粋

現在、政府は、本閣議決定を踏まえて、自衛隊法、周辺事態法などの安全保障関連法案を取りまとめ、今通常国会に提出しようとしている。

しかし、他国防衛のために自衛隊を海外に派遣し、又は国際貢献の名目の下で、自衛隊の活動範囲を限定してきた非戦闘地域の枠を取り除くことなどにより、自衛隊員が武力紛争に巻き込まれ、外国人を殺し、あるいは自衛隊員が殺される危険性が高まることや、日本人もテロ行為の標的となる危険性が高まるなどの重要な問題点について、国民的な議論が尽くされていない。

このような国民的議論が尽くされていない状況の下で、政府が違憲無効な本閣議決定に基づき、とりまとめた安全保障関連法案を国会に提出することは許されないことである。

また、同様の状況の下で、本閣議決定に基づく安全保障関連法案につき、短期間で拙速な審議を行い、強行採決するようなことがあれば、同様に、立憲主義や国民主権の理念や恒
久平和主義を掲げる憲法に違反するものであることから断固反対する。
2015年3月  埼玉弁護士会

・・・・・・・・・・・・・

柳沢さんからは、憲法解釈から集団的自衛権が認められるか、どうか。

長谷部さんからせ、アフガンニスタンの現状

高遠さんからは、イラクの現状

戦争をするということはどういうことか、この講演でその理解を深めたいと思っている。